年末年始に読んだ本など

年末年始、キンドルで無料コミックを漁るくらいには暇でした。

クッキングパパ(3) (モーニングコミックス)

 

楽園 Le Paradis【期間限定無料版】 第22号

無限の住人(4) (アフタヌーンコミックス)

椎名林檎宮本浩次、親と見て少し気まずい思いをしました。

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)

テンポが速くてわらける

 

これは職場の方に貸していただいたやつ

Cipher (第1巻) (白泉社文庫)

髪型が毎回違ったり服を着まわしている様子がわかって大喜び

話は変わりますが中井りかのいいところをわたしからひとつ挙げるとしたら髪型のバリエーションが豊富なところです。人によっては制約があるそうですが。

 

ニューヨークで考え中

飲食店で別のテーブルにいる人の描写にも説得力があってすごい

 

温泉ザル: スノーモンキーの暮らし (ファギュール彩)

 

暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る (NHKブックス)

時系列関係なくサル学の本を読み漁っているので、どれが覆された学説なのかとかがよくわからなくなってしまいます。そんなあなたにはこれ

「サル学」の系譜 - 人とチンパンジーの50年 (中公叢書)

購入して参照できるようにしないと…

 

 

『ヤバいビル』 1960-70年代の街場の愛すべき建物たち

想像でものを言わないでほしい

 

衣・食・住・音  音楽仕事を続けて生きるには

思考がたゆたっているのをそのまま収録した感じ

 

昨年駅で会ったときに「またご飯でも行きましょうよ、連絡先教えてください」といわれ「LINEしてないし携帯番号交換してショートメールしよう」というと「エッ平成30年」と返ってきた、職場を辞めた後輩にショートメールを送ってサンマルクカフェでお茶しました。楽しかった。

この後輩がそうですが連絡をくれるわけではない(それならどうして連絡先を交換しようとするのか疑問)ので自分が連絡しないと一生会えない人、というのが知り合いの大半を占めています。調整に時間がかかるとその間に飽きるので「1月3日11時に駅の改札に来たら○○さんとわたしと遊べます。よければどうぞ」ぐらいの雑なメールを送って集まろうとする、そして案外会えるというのが楽しいです。この方式で学生時代の友人6人で初詣しました。次はないだろうなと毎回思います。

昨日高校の時からちょくちょく覗いている本屋へ行くと一階が終わりかけていた。全体的にスカスカで雑誌の棚には配架できるように包装されたトートバッグやエコバッグ、双眼鏡が置かれていて、ハードカバーの本はランキング棚にしかない。その一方でクロスワードパズルなどの懸賞雑誌は拡充されていて、エロ小説雑誌と特攻隊ありがとう雑誌が平積みになっている。覗いているだけで買わなかったからこうなったのだが、もう独立したセレクト本屋か古本屋にしか行きたくない。

 

2018年観た映画

旧作が多いです 

ライブ用耳栓をすると、映画の音はちゃんと聞こえるのにノイズキャンセリング効果があっていいです。

Safe Ears 音楽用イヤープロテクター THUNDERPLUGS(サンダープラグス) ブリスター 耳栓

希望のかなた

希望のかなた(字幕版)

間がいい

〇三つの光

精神的にグロい場面があり、いまだに思い出して凍り付いたりする

「でもなんでそんなとこにいるの~?」

〇バーフバリ

バーフバリ 伝説誕生(字幕版)

バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)

ガケをのぼっているところの時の流れのスピード感がよかった

とにかく景気がいい

全身小説家

全身小説家 [DVD]

ウソついてるぞってわかるところで「あれれ?」みたいなピアノの不協和音が鳴ったのがおかしくて劇場で爆笑した。

〇若き詩人

ピンク色のイメージが残っている

〇息を殺して

息を殺して [DVD]

この作品がミニシアター通いのきっかけだったりするのですが

好みはそんなに変わらないものですね

〇大和カリフォルニア

女性によるリンチシーンがえぐい

四月の永い夢

四月の永い夢 [DVD]

寝起きシーンの朝倉さんのナチュラルメイクから「フィクションや」「ウソや」と興ざめしましたが、そういうきれいな映画も必要なのかも

息衝く

途中でおいていかれるが、それでいい

〇へばの

出産シーンにひっくり返りそうになった

〇愛情萬歳

愛情万歳 ディレクターズ・リマスター版 [Blu-ray]

〇青春神話

青春神話  ディレクターズ・リマスター版 [Blu-ray]

〇河

河  ディレクターズ・リマスター版 [Blu-ray]

爆笑したふたり乗りシーンだ↑

 

decoi0222.hatenablog.com

 

木靴の樹

木靴の樹 [DVD]

悲しすぎる

ハン・ソロ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー (字幕版)

金かかってんなー

〇凱里ブルース

スチールに使われている写真のようなシーンがないのがおしゃれ

 

なら国際映画祭

〇ワレイ

物語の終盤まで少年が反省とかせずイキりまくってて新鮮

〇ア リトル ウィズダム

スーパーマッサージ

〇テイスト オブ ライスフラワー

笑うところがけっこうある。ラストの踊りの説得力よ

〇オーファンズ・ブルース

やりたいことぜんぶやる、というのは卒業制作のひとつの理想

〇地蔵とリビドー

音楽がおしゃれ「地蔵しか作んないんだって」

〇夜明け前

好好爺がいっぱい出てくる

〇私の居場所

カメラの手ぶれに臨場感がある

〇乱世備忘

乱世備忘 僕らの雨傘運動 [DVD]

キャプチャーがおしゃれ

 

〇三月のライオン

三月のライオン?MARCH COMES IN LIKE A LION? [DVD]

やりたいことぜんぶやる映画っていうジャンルがあるのかも。あったら掘りたい

〇モアナ

癒しだ

愛と法

ろくでなし子が化粧したりウィッグをかぶったりする場面が印象に残った

大阪物語

大阪物語 [DVD]

池脇千鶴の声ってガッと胸をつかまれて離れなくなる時がある

くるみ割り人形と秘密の王国

序曲から児童合唱の入った編曲もいいし、思いのほかバレエシーンががっつり見られる。あと、軍服ワンピはやはりむこうの人のもんだよなーと思う。

 

 

2018年行ったライブ

 

4/7 ミドリカワ書房ガンツトイトイトイ

楽しかった…客層の同窓会感に驚く。

「俺らがやりたいだけでお客さんはそんなのどうでもいいでしょ」のアコースティックアレンジもとてもよかった。

4/14 きのこ帝国@BIGCAT

何が気に入らなかった訳でもないけれど、もういいかなと思ってしまった

4/16 椎名林檎フェスティバルホール

圧倒的だった。プロバガンダの事とか考えるくらいに。

アンコールが絶対起こらない幕引きにしびれる。

椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯(通常盤)[DVD]

 

6/30 Klan AileenGATACA

かっっっっこいい。が、耳がやられた

Milk

7/1 桶田知道@門前おかげ楼

知られざるイベントに駆けつけられて得した気分。

7/20 ゆうき@アオツキ

松本智秋さんの写真の展示、赤松さんのOHPと。統一感があるイベントだった。

10/19 池間由布子@アオツキ

「歌いまくる池間由布子」年間行事だ。

9/8 「螺旋鏡にて」@寺田町fireloop

Shimm倉地久美夫と出会わせてくれたことに感謝。耳の危険を感じて耳栓を購入する。普段出入りしている箱とは違うノリのヤジが怖くて震える。

Safe Ears 音楽用イヤープロテクター THUNDERPLUGS(サンダープラグス) ブリスター 耳栓

 

11/6 ケンスギサキトリオ・池間由布子と元山ツトム@HOPKEN

ケンスギサキトリオに全部もっていかれた。そんな日もある。

12/5 indian no echo sine bine no!・A Hank And A HacksawHOPKEN

どっちのバンドにもヴァイオリニストがいて大喜び。スタンドプレーすばらしい。

 

2018年観た演劇

ニュートラル「パラダイス印刷所」@アトリエ♭

開演前の観劇マナー呼びかけ、になされた演出に対して「真面目にやれ」とブチ切れた客が帰るというハプニングに出くわした。あれはビビった

 

うんなま「サーチアンドデストロイ」@ウイングフィールド

客が誰も反応しないていで作られた、役者が客席へ向かって舞台上へ上がるように呼びかける場面というのに出くわした。興ざめした

 

粘土の味「オフリミット」@京都芸術センター講堂

Gパンを穿いた女性からあんな色気を感じたことはない

 

富士山アネット「巡礼」@YCC

フェイクドキュメンタリーに翻弄されるのはたのしい。

 

猟奇的ピンク「Take at easy at home」@ウィングフィールド

劇場でゆったりすることはなかなか難しいよなーと思った。

 

匿名劇檀「笑う茶化師と事情女子」@インディペンデントシアター1st

やっと匿名劇壇を楽しめるようになってきた。ぜんぶ拾おうとしなくてよかったんだ

 

猟奇的ピンク「be myself」@ステージプラス

笹ゆきみさんの涙が強烈に印象にのこっている。

 

CAワークス「笑ってよゲロ子ちゃん」@オーバルシアター

声がでかい演劇好きじゃないとか言ってる場合じゃなくなった

まだこれとペニノのダークマスターしか見ていないのでオーバルシアターはホラーのイメージが強い

 

ナマモノなのでお早めにお召し上がりください。「盲目の動物」@ウイングフィールド

チラシに惹かれて行った。行ってよかった。京都の演劇は渋いという印象が強まった。まさにナマモノだ。

 

庭劇団ペニノ「笑顔の砦」@インディペンデントシアター2nd

五感がひとりぶんでは足りず、もどかしい。見応えがありすぎる。

------------------------------------------------------------------------------------------

役者の、そして観客の抱く「怒り」について考えることの多い年だった。

ちゃんと生きてけるだろうか

 

驚嘆!セルフビルド建築 沢田マンションの冒険 (ちくま文庫)

著者のバランスのとり方がいい。

 

言葉と歩く日記 (岩波新書)

朗読の本番に臨むときの「それ以上でもそれ以下でもないことを受け入れる」という心構え!

 

自分にはできないことが多すぎる。

今月の上旬にスポッチャへ行って感じたことが、グループ旅行で露呈した。

民泊チェックイン時にグループ写真を撮って家主に送る場面ではわたしがぜんぜん違うところを見ていたので撮り直しになった。

グループ写真の何が無理かというと顔をつくっている間に

「変な顔になっていたらどうしよう」

「変な顔っていったっていつも晒している顔」

「はやく終わらないかな」

ファーストサマーウイカさんみたいに手とか広げたり足を横に出したりしたら楽しい感じが出て空間も締まるかな」

「この年で自分の写真写りとかくだらないことを毎回考えてしまうのも嫌だ」

「はやく終わらないかな」

などの感情が心の中を往来し、結果その感情がぜんぶ出た変な顔の写真ができあがるので無理です。

撮り直したのに協調性のない顔をしていたので「何かの病気なんやと思う。写真アレやから、写真はほんま、アレやねん。ごめん」と言って終わらせた。

民泊の中の初見の家電、空気清浄機のフタを開けるとかも誰も見ていないところで10回くらい練習しないとできない。

串に刺さったご当地団子みたいなのを皆でわけようとなったときに自分だけ串からうまくはずすことができず、薄皮が破れて中の餡がポロポロ出てきてしまって笑けた。

何から何まで人より劣ってて笑うしかないが、笑ってしまって皆の耳目が集まるとビビッてしまい団子が粉々になった。もうだめだ

 

人生の中で何度も出てきたチャットモンチーの真夜中遊園地の一節、「ちゃんと生きてけるだろうか」というのをまた想う旅となった。

 

真夜中遊園地

 

もうすぐ冬だよ

 

今週のお題「読書の秋」

これ読書ブログなんですが、本のネタをこっちにもってきたら

ツイッターが食べ物の話ばかりになってしまって困っているところです。

 

何でも見てやろう (1962年) (河出ペーパーバックス)

読んだ後で見ると不敵な面構え

表紙どおりの貪欲で軽やかな旅行記です

 

吉村昭 昭和の戦争5 沖縄そして北海道で

津波の話のときも思ったけど、何書いても静謐でいい。

 

ラジオをかけてて、ニュースにさしかかるとCDに切り替えないとやってられなくなってきました。

明るい窓

この気候、このアルバムを流さなくては

 

壁新聞

これも今の気候によく合います。

 

 

 

 

 

 

 

9月、なら国際映画祭の帰りに柘榴の國で買った本を今読んでいます。

昔の本は語彙がほんとにいいですね。

わたしたちは「情意をもよおし」て「情を通じ」ていたんですね。

 

旅の準備をちょっとずつすすめています。

常備薬を入れるのに購入した無印のスライダーつきビニールケースに入りきらず

ジップロックに錠剤を詰めていたら見覚えのある袋ができあがったのですが

祖母が食事のあとに取り出していた薬の袋でした。

いつかあそこまで大きくなってしまうのだろうか。

いまのところ蕁麻疹の薬、生理痛の薬、葛根湯、ビタミンCのサプリメントエビオス錠、かぜ薬です。

いつ必要になるかわからないので持って行くしかないのです。

ピルケースを探して無印をさまよっていたら、こんぺいとう入れみたいのが文具売り場にあってときめきましたが「絶対に食べ物を入れないでください」と書いてあってちょっと凹みました。うるさいよ