富山にあった本ほか

坂本慎太郎のライブに合わせて富山旅行をしました。

 

【古本ブックエンド】

品揃えと棚がすばらしかった。このお店のために富山へまた来てもいいくらい。

最近知ってよく読んでいる杉浦日向子のエッセイを買う。

次に行くときにハマっている作家の本もきっとあるだろうという、そんな棚だった。

大江戸観光 (ちくま文庫)

【林ショップ】

古本ブックエンドの数軒となりの民芸品、漆器、ガラス製品などのお店。

BGMが柴田さんその他。ゴンチチのラジオも流れていたような…土曜の朝のやつかな

ぜひ何か買って帰りたいと思い、旅の初日だったので小さなフォークと土人形の下に敷く座布団みたいなやつを買った。フォークはともかく土人形の座布団、土人形持ってないけどどうしよう。

柴田さんのCDもあった。

ランナウェイ [SDCD-041]

【TOYAMAキラリ】

富山県立図書館が入っている複合施設。どこにあるか調べておくのを忘れたが、キョロキョロしたらあった。さすがコンパクトシティ富山だ。まだまだ新しい図書館はエスカレーターの手すりにいたるまでキラキラでまばゆかった。字が棚とかコーナーの上空に浮かんでいるので、吹き抜けの下の階から見上げてもだいたいどこにあるかわかる。予約図書受け取りシステム(端末で手続き後ゲートをくぐって予約図書がまとめて置いてある部屋に入り、持って帰るセルフサービス)が斬新だった。

新着図書かなんかで面出しされていたペンギンの本。

ペンギンの島 (白水Uブックス)

【アオヤギ食堂】

富山県民の友達に教わったカレー屋。常連ぽい人らで賑わっていた。

スープが味噌仕立てで、お麩が浮かんでいたりしてバランス感覚のよさを感じる。

もうちょっとそっけないカレーが好みだけど、富山行ったらまた入ってしまうかもしれん。

【ジンジャーラーメンブックス】

深夜営業をしている数少ないお店。飲食もできる。ラーメンなし、カレー、コーヒー、お酒あり。

かっこいいチャリが店の前にとまっていたり、シアターオリンピックのポスターが貼ってあったりして文化や情報が集まっている感じがする。

ここも常連で賑わっているが、閲覧用の本もあるので気楽。

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)

すぐ白目むくから怖いよ

 

売り物の棚にあったクミコンのエッセイ。読んでみようかな。

いっぴき (ちくま文庫)

友達の車でだいたいこんな感じのサントラを聞かせてもらった。会わない間に親の影響でハマったらしい。

「わたしは情景がありありと浮かんですごく楽しいんやけど、大丈夫?」

「ふーんと思って聴いてるからいいよ」

 

2001宝塚歌劇 花組公演・実況 グランド・ショー VIVA!

高岡の古城公園のはしっこに小さな動物園があり

ペンギンも流れるプールに流されてるしニホンザルも6匹いるし(リスザル等は冬季非公開)

なにより飼育員手製のラミネートカードで個体の説明がされていていくらでも見ていられる大変けっこうな動物園だった。

 

坂本慎太郎ライブ後、次の電車が50分後だったが持参した本が面白くて助かった。

ページをめくる手が止まらなくなるキャッチーさもありながら、田辺聖子の人間愛みたいのが感じられて温まった。

おちくぼ姫 (角川文庫)

 

帰ってきて読んだ本

のんのんばあ物語 (ちくま文庫―妖怪ワンダーランド)

野々村っていうらしい。おおらかでテンポが良すぎ

 

Cipher (第6巻) (白泉社文庫)

どこまでも繊細な漫画だけど、コミカルな場面もちゃんとある

 

カラスのいとし京都めし 2 (フィールコミックス)

ノリとか絵とかさほど好きではないけど読む、これぞ人に貸してもらった漫画の感じ!

 

 

 

 

 

 

ぱらぱら

SHINTARO SAKAMOTO ARTWORKS 1994-2006

4コマ描いてる!

 

百日紅 (上) (ちくま文庫)

間とかめっちゃいい

 

ドレス

図書館で選んでるときに開いたページで早速犬が皮膚炎で組織?とか見えちゃってる様子が描写されていて、お、やってるなと思って借りました

 

昨日階段ですれ違ったときに挨拶を返してくれなかった他部署の人と今日トイレの洗面台のところで一緒になったがやはりシカトされてしまった。また嫌いじゃない人が減ってしまった。普段仕事で関わることなんてないのにどうして好きな人嫌いな人普通の人の普通の人にカウントさせてくれないんだろう。私服がストリート系でかわいいなーバンズの黒いスニーカー今年履いてる人いっぱいいるけど一番似合ってるよーくらいの、言いはしないけど好ましい感情しか持ってなかったのに。こういうことはてなに書くような女の存在まったく感知してなさそうな爽やかさがあったのに。そういう印象しかなかったのに。

もう辞めてしまったけど同じ職場だった人にもらった塩をゴミ箱にぱらぱらして清めた。スピリチュアルに詳しい人で、塩をそういうふうに使うことを教えてくれた。整体だかマッサージだかを受けに通っているお店で買ったものらしい。お店の顧客には藤原紀香もいるという。ぱらぱらしても気は晴れないが、かつて同じ境遇にあった人がしていたことをすることで少しらくになった。

人としての一貫性

 

三文オペラ

出版記念イベントに行ってきました。

大岡さんがマックヒースのセリフを読んでパフォーマンスして下さったのですが

最近処方箋薬局で「HERO」の再放送を見かけた際に

平易なことばで熱くうったえかける感じがキムタクとダブりました。

予備知識なしだったのですが行ってよかったです。

ああいう場にいる人は服装もおしゃれでいい刺激になりました。

人としての一貫性というのは座談会でマックヒースについて話されていたときに出た言葉です。

 

読んだ本など↓

 三文オペラ (岩波文庫)

 

ヴァイル:三文オペラ(全3幕)(新クルト・ヴァイル版)

音源だけ聴いていたらツルッと入ってきてしまう。

木管がいい感じの編成になっています。

大岡訳を見ながら聴くと、こらされている工夫がわかります。

かけあいの楽しさやスピード感を損なわないようにしている感じとか。

 

とんでもねえ野郎 (ちくま文庫)

地べたにお盆置いて食事しているところとか、史実にもとづいていていい。

落第忍者乱太郎と同じたぐいの好ましさと楽しさがある。

 

風や空のことばかり

 

図書館にあったので借りてきました。

マイフェイバリットシングスのカバーが流れ出したときは

デッキに近づいて、ただ立って聴きいってしまいました。

知ってる旋律なのに、完全にさねよしいさ子のものになってアルバムに収まっているのが不思議でした。サックスが吠えるおしゃれ編曲もナイス

 

 

首が痛い

 

ビースト&ビースト!!―浅野りん短編集 (ガンガンコミックス)

 

Cipher (第5巻) (白泉社文庫)

 

カラスのいとし京都めし 1 (Feelコミックス)

 

電車の中でマンガ読む人が減ったので

こういうのを読んでいるだけでどんどん得体のしれないオタクになっていく。

ご飯粒を一粒ずつ描いた絵を久しぶりに見た。

 

鬼がつくった国・日本―歴史を動かしてきた「闇」の力とは (カッパ・サイエンス)

図書館の節分特集ワゴンから借りてきた本。

書庫から出してきたと思われるが、ボロッボロだった。

通勤電車でどんどん得体のしれないオタクになっていく。

対談形式なので読みやすい。

 -----------------------------------

首から肩にかけて痛い。2月全然体調よくない。ネットで探した対処ストレッチ(脇が凝っているのでほぐす、など。「出典はゴッドハンド輝です」と書いてあるページがあって驚く。外科医じゃなかったっけ)をひととおり試していたらどんどん痛みが広がってきて肩甲骨が痛い。動かすのはやめて、呼吸が浅くなっていた気がするのでそこだけ気をつけることにする。ただでさえアレなのに演奏会前に普段の体調でなくなってしまい、対処しているうちにどんどん普段の体調でなくなっていく、というのを12月もやった。ただでさえ演奏技術がアレなのに悲しい。

ツァイ・ミンリャンのずっと首が痛い映画を思い出した。

 

decoi0222.hatenablog.com

 

22日にGRAPEVINEのライブに行ってからというもの、彼らのことが気になって仕方がない。ラジオでもそうだったが田中氏のインタビューを読んでいると自分たちのことを「我々」と言っていて、あーこれ昔は「僕ら」だったのかなあひょっとして「俺ら」?あーーーーー99年ごろのロッキングオンが猛烈に読みたいできたらブックオフで奇跡的に見つけ出したいという欲望で頭がいっぱいになってしまう。自分が実際に演奏にとりくんでいるのはクラシック音楽なのだから、同じくらいの熱量をシベリウスとかチャイコフスキーに向けられたらもう少しましな演奏ができるのでは?と考える。おそらく推せるポイントがあるはずなので、そういうポイントをおさえた創作物があれば…と探してみるとシベリウスの4コマが出てきた。という話を一緒にカレーを食べていた友人にすると「女の滝廉太郎(?)が男装してウィーンに留学するマンガがある」と教えてもらった。ワーグナーにばれたりするらしい。創造の世界には何でもある。

カレー屋を出て、目星をつけておいた夜営業のカフェに向かう。カウンター5席のみ、カウンターの中では店主がオーブンでマフィンを焼いていた。チャイが10種類くらいあり、ミロもあってときめく。

ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)

置いてあったので読んだ。誰かがほめていた覚えがあるが、めちゃくちゃいい本だった。

 

Wikipedia大好き

帰宅してラジオをつけるとききなれない番組を放送していた。若手芸人がハガキを読んでいて深夜っぽくてよかった。数分聴いても芸人が誰なのかわからず、エンディングになってしまった。相対性理論の「気になるあの娘」が流れてきて同世代ではないか!?と少し興味がわいた。芸人はアインシュタインで、こうして文章にすると一目瞭然だがエンディングの選曲はコンビ名にちなんだものらしかった。そのことがその場ではわからず、一晩寝て起きて気づいた。実際に考えようとして考えていない間も思考整理がされていて、寝ている間に活発になるというのを実感した。ラジオ番組が終わってカレーを煮込んでいるあいだにWikipediaアインシュタイン(お笑い)について調べる。同世代ではなく五つくらい年上だった。TENGA茶屋がどうたらとかいうFM大阪の番組に出演しているらしく、番組についてかかれた記事を読んでいるとますます深夜のラジオ番組のノリを思い出して懐かしくなった。

カレーは「大豆ミートとむきエビ、しろなのカレー」という出来上がるまでどう転ぶかわからないしろものだったがラクサペーストのお陰で終盤までおいしく食べ進められるものができた。よかった。

寝る前に彼氏と電話をしていると、「スキーバスの中で橋幸夫の恋のメキシカンロック一曲を延々と聴いていた」という。実家に音源があったとかでもなく、「そういえばいい曲だったな」と思い浮かんだ曲を溜っていたポイントで一曲だけダウンロードすることがたまにあるらしい。わたしには橋幸夫舟木一夫がごっちゃになっているようなあやふやな認識しかないのでWikipediaで調べると、たたく門によっては舟木一夫として活動する可能性もあったほどの同期。恋のメキシカンロックは作曲者ゆかりの地で発車メロディになっているらしい。1960年のデビューから20年くらい、ひと月に1枚以上というハイペースでシングルを売り出していて驚く。「はじめてのリサイタル」が1970年におこなわれる。プロモーション含め、活動形態が現在とはだいぶ違うようだ。

リサイタルって何なんだろう、ジャイアンがひらくやつかな?ジャイアンの歌が声優交代のタイミングで変わっているらしいがまだ確認していなかったのでyoutubeで確認。ジャイアンの歌だった。二代目声優についてもWikipediaで調べる。中学生だという印象が強かったが同世代だった。声優交代当時に報道を見ていたはずなのに「同世代だ」という情報が抜け落ちているのが不思議だった。

恋のメキシカン・ロック (MEG-CD)

花咲く乙女たちのキンピラゴボウ〈前篇〉 (1981年)

あー説教くさ

 

星の牧場 (フォア文庫 C)

オーケストラされてるんだったら、とすすめられたけどめちゃくちゃいい。

戦地の思い出としてガムランとかも出てくる。

 

鶴見俊輔全漫画論2 (ちくま学芸文庫)

ドクタースランプの登場人物とか、どうしてそこにいるのかよくわからない人(?)の説明がとてもうまい。

 

 

 

 

演奏が楽になる音も良くなる ヴァイオリン体操―自然体で弾くためのフィジカル・トレーニング

フィンガネス・エクササイズ―5分で演奏モードの身体をつくる

こういうのに頼るしかない

痛いところだけをさすったり回したりするより全身運動をした方が緩和されるというのは実感できた。

カラー版 - ふしぎな県境 - 歩ける、またげる、愉しめる (中公新書)

オモコロの記事を新書で読めて新鮮な感じ

 

腐女子のつづ井さん (コミックエッセイ)

オタクの友人との付き合い方を考えるうえで重要な書だ

 

彼氏が職場の後輩に「彼女いるとか嘘でしょ、LINEしてるとこ見たことないですよ」

と言われ、「スマホ持ってないからLINEしない人なんだよ」と説明しても

「そんな人いるわけないでしょ、ぜっっっっっっっっっっっったい嘘ですよ」

と全く信じてもらえなかった話が気に入っています。

多くの人の想定から外れてからが楽しいぞ、みたいな謎の高揚感があります。

透明になれた人が意気揚々とそのへんをウロウロしているイメージが浮かびます。悪だくみとかしながら。

実際には何の可能性も広がっていないのかもしれませんが、そんな気分です。

 

 

 

 

 

 

 

應典院コモンズフェスタ2019 表現者たちのカタリバ~ハラスメントのないチームづくり~に参加した

應典院コモンズフェスタ2019

表現者たちのカタリバ~ハラスメントのないチームづくり~

に参加してきました。

【概要】

ファシリテーター:中嶋悠紀子(プラズマみかん)

講師:檜山洋子(弁護士・ヒヤマ・クボタ法律事務所)

対象:チームで表現活動を行う方、またはテーマに関心のある方。

 

ここ2年くらい、演劇界隈のツイートを見ているとハラスメントの告発とかそれにともなう降板とかが目につくようになってきていて、気になっているところに演劇人によるこの企画を見つけて飛び込んでみました。TPAMでも同じような概要のトークイベントが開かれているようで、全国的に動きが出てきたところなのかもしれません。

マチュアオーケストラの活動にもきっと生かせるはずだという狙いもありました。

くわえて、つい最近のことですがチューニングの仕方をめぐって自分がキツい言い方をしそうになるということがあり、いよいよ他人事ではなくなってきたというのもありました。

・技術差、目的意識の差が埋められない焦りや不安がハラスメントを生む場合があること

・開かれた空間より閉ざされた空間で、よりハラスメントが起こりやすいこと

パワハラのひとつに「ローカルルールの押し付け」があること

この3つが自分にとっては収穫でした。私の場合「チューニングの仕方」というのもローカルルールの押し付けでしかないのでは?という具体的な結び付けができました。

 

自分が発言する形式の講座だとわかった時点で帰りたくなりましたが、スムーズな進行やルール、円形の段ボールで脚は参加者の足であるという「円卓君」、討論時間終了を知らせる音叉の音の響きなど、新鮮さにあふれる楽しい時間を過ごせました。

響 クリスタルヒーリングチューナー 天使界の扉4096Hz

だいたいこんなのだった。よく通る音で皆すぐ静かになる

 

あと始まるまでこういうのが流れていてこなれた感じだった

 

ムーンライト伝説 (美少女戦士セーラームーンより) [マリンバ version]

ムーンライト伝説 (美少女戦士セーラームーンより) [マリンバ version]

 

 

 自分にひきつけて考えると学級会的な問題に留まっているけれど、講師の先生からはもっと深刻な問題に発展する可能性や実例があるという話も伺えました。その時にとるべき行動や「レイプクライシスセンター」についての情報が共有され、気持ちが引き締まりました。すこし時間は超過したものの大満足の進行、内容でした。

 

今週読んだ本

バンコクナイツ: 潜行一千里

シネ・ヌーヴォの空族特集を待ちわびています。

いつになるのかとヤキモキしていたが、それまでに読めたのはよかった。

 

「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」

企画も構成もいい本。写真の着眼点に感服

 

 

 

 

 

 

 

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS